礼金

礼金とはなんなのか?これを考えるとき一番に説明するのが、

御礼のお金です。

礼金は、地方から大都会(東京)に一人でやってきた単身赴任者・学生等の援護のために、上京した人の親戚が東京の下宿などの大家に払った現金が由来といわれる。
上京する人に大都会に知り合い・親戚がいない場合、いざとなったときには大家に面倒を見てもらえるように、「前もっての感謝」という意味でお金を払った。
そのお礼の意味で、「礼金」と呼ばれるようになった。

言い換えれば、礼金を受け取る大家は、これから家を借りる人の面倒を見るという義理の約束を交わしたことになる。 なお、北海道で礼金の習慣がないのは、地方内での引っ越しであれば「心配するほど距離が離れない」からであろうと考えられる。


(参考http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BC%E9%87%91より)

  

こういった意味も受けて北海道はとても賃貸主有利な状況であると言えます。
いとも簡単に引っ越しする人が 沢山いるとの事です。
主要駅から近場でも空室があること間違いなしの状態です。

地域によってこのようなことって違いがあるのは知らない人も多いです。
賃貸の更新料ってものが京都と東京にはあります。
契約いっぱいになった時に次の契約更新する際に、更新料が必要なのです。
他の地域からすれば不思議なこと。
更に長く住みますという契約を結ぶのに、お金を払うなんて何で必要なのでしょうか。